脱毛の4つリスクとは?サロン・クリニック・自己処理どれが安全?

公開日:2018年11月3日

脱毛の4つリスクとは?サロン・クリニック・自己処理どれが安全?

脱毛のメリットは、自己処理のいらない美しい肌を目指せることです。しかし、脱毛にはメリットだけでなく、デメリットとなるリスクもあります。脱毛にどんなリスクがあるのかを知っていますか。光脱毛、レーザー脱毛など、脱毛の種類にかかわらず脱毛にはリスクを伴います。また、手軽にできる自己処理にもリスクはあります。脱毛のリスクや、どのようなことに注意したらよいのかを確認してみましょう。

脱毛サロン・医療クリニックの4つの脱毛リスクとは

脱毛をはじめる前に知っておくべき脱毛の主なリスクです。どのようなリスクがあるのかを確認しましょう。

増毛・硬毛化

稀な症状ですが、光やレーザーの照射によってムダ毛が濃くなってしまうことがあります。原因はわかっていませんが、照射によって細胞が活性化することにより毛が濃くなるのではないかといわれています。ワキなどの濃い毛よりも、うぶ毛の脱毛でリスクが高い傾向にあります。うまく熱が伝わらなかったり、脱毛器の出力を抑えすぎてしまったりするとリスクが高くなるといわれています。

増毛化は、毛が増えたようになる症状です。肌には、はっきりと見える毛だけでなく、見えにくいうぶ毛もたくさん生えています。毛が濃くなる増毛化になると、見えにくかったうぶ毛も太くなり毛が増えたように見えてしまいます

硬毛化は、太く硬い毛質になってしまう症状です。やわらかいうぶ毛から硬さのある毛質に変化してしまいます。

増毛化や硬毛化になっても照射を続けていくことで、次第に脱毛効果を得られるといわれています。増毛化や硬毛化には、保証のあるクリニックもあります。

毛嚢炎

光やレーザーの照射により、肌のバリア機能が一時的に低下します。バリア機能が低下した肌の毛穴に雑菌が入り込むことで、ニキビのような炎症をおこしやすくなります。ひどくなると、皮膚科で薬を処方してもらう必要があります。施術後の肌は清潔を保つようにしましょう。

火傷、肌トラブル

施術した直後は肌に赤みが出やすい状態ですが、数日たっても治らないときは病院で診察してもらいましょう。

火傷は脱毛器の出力が高すぎたり、重ね打ちをすることでも起こる可能性があります。照射漏れがないように少しずつ場所を変えながら照射をしていきますが、照射漏れをしないようにするあまり重ね打ちをしてしまう可能性もあります。また、重ね打ちをしないようにするあまり照射漏れになることもあるため、施術者の技術が必要です。一人一人違う肌質や毛質に合わせ、適切な設定で脱毛することが大切です。信頼できるサロンやクリニックを選びましょう。

汗が増えたと感じる

ワキ脱毛で汗が増えたと感じる方は多いですが、脱毛によって汗が増えることはありません。ムダ毛がなくなったことによって汗をかいていることがわかりやすくなり、汗が増えたように感じてしまうのです。

殺菌力の高い制汗剤やふき取りシートなどは、肌を硬くさせ、黒ずみの原因にもなります。気になる方は、やわらかいタオルなどで汗をやさしくふき取ったり、汗脇パッドを使用したりすることがおすすめです。

また、肌が乾燥していたり、日焼けをしていたりすると、脱毛のリスクが高くなります。普段から保湿や紫外線対策を心掛けましょう。体調によって肌が敏感になることもあるため、睡眠不足などにならないように気をつけることも大切です。施術当日の運動、飲酒、日焼けなども肌トラブルが起こりやすくなる原因になるため注意しましょう。

自己処理はダメージ大!全身脱毛は自己処理よりもリスクが低い

カミソリや毛抜きのリスク

カミソリは、肌表面の角質まで削ってしまいます。また、毛はすぐに生えてくるためこまめな処理が必要です。剃ることをくり返すと肌の透明感は失われ肥厚になっていき、ガザガザとしたさわり心地になっていきます。色素沈着や炎症、皮膚の中で毛が伸びてしまう埋もれ毛になることもあります。毛穴の周囲が盛り上がって剃ることも抜くこともできなくなり、生えはじめの毛が黒い点のようになって目立つ埋没毛になることもあります。

毛の形は毛先が細く根元が太くなっているため、根元近くを剃ることによって毛が太くなったようにも見えてしまいます。

毛抜きは毛穴が広がる原因になります。新しく生えてくる毛は栄養をどんどん送られている水分を含んだやわらかい毛質です。広がったままの毛穴に新しい毛が生えてくると、毛穴の大きさに合わせた毛の太さになってしまうことにもなりかねません。広がった毛穴に雑菌が入って炎症をおこしたり、埋もれ毛や埋没毛になったりするリスクもあります。

家庭用脱毛器のリスク

家庭用脱毛器のパワーは弱いですが、サロンやクリニックの脱毛と同じようなリスクがあります。肌質や毛質を自分で判断してしまうことは危険です。パワーを調節できる脱毛器では、設定を強くしすぎてしまうこともあります。また、見えにくいところにホクロや色素沈着がある場合、気づかずに照射してしまうことにもなりかねません。重ね打ちや、冷却不足など、肌トラブルを引き起こすことにつながる危険が多いため注意が必要です。

サロンやクリニックの脱毛にもリスクはありますが、自己処理をくり返すよりも安全といえるでしょう。自己処理は気軽にやってしまいがちですが、肌へのダメージが大きいです。一度ボロボロになった肌を元に戻すには、とても長い時間をかけなければなりません。

また、カミソリや脱毛器にはお金がかかります。安いカミソリを使用したとしても、何十年も続けていれば費用がかさみます。また、自己処理1回にかかる時間は短時間であっても、トータル的に考えると多くの時間を費やしていることになります。

脱毛サロンや医療クリニックの脱毛は、脱毛器の進化によって施術時間の短縮がすすんでいます。1回の全身脱毛が1時間以内に終わる最新脱毛器を使用しているところも増えてきました。

安全なのはどれ?脱毛サロン・医療クリニック・家庭用脱毛器の比較

脱毛方法 脱毛効果 肌への負担 トラブル時の対処法
脱毛サロン 光脱毛
医療クリニック レーザー脱毛
家庭用脱毛器 光脱毛 ×

脱毛効果が高いのは、医療クリニックで受けられる医療レーザーによる脱毛です。効果が高いため少ない回数で脱毛が終わりますが、肌への負担も大きくリスクが高い脱毛方法です。万が一の肌トラブルには、診察や薬の処方がすぐにできます

効果が緩やかな光脱毛はレーザー脱毛よりも施術回数が必要ですが、>肌への負担が小さいためリスクの少ない脱毛ができます。万が一の肌トラブルには、サロンの提携医を紹介してもらえます。

家庭用脱毛器は安全性を考慮しているため、脱毛効果は低めです。しかし、使い方によっては肌への負担が大きくなり、やけどや色素沈着などの危険を伴うこともあります。肌トラブルを自分で確認し、自分で探した病院へ行かなければなりません。

脱毛サロンや医療クリニックでは、自分では見落としてしまいそうな肌の状態も見ながら施術をしてもらえます。また、提携医のいる脱毛サロンや、すぐに診察ができるクリニックで脱毛することで、万が一の肌トラブルにも安心です。

まとめ

肌へのダメージが大きい自己処理に比べれば、肌質や毛質を確認しながらプロの技術で処理をしてもらえる脱毛サロンや医療クリニックのほうが安心です。肌にやさしい脱毛をしたい方は、脱毛サロンがよいでしょう。しかし、脱毛にもリスクがあります。サロンやクリニックで契約をするときは、リスクまできちんと説明してくれるところを選びましょう。また、万が一、肌トラブルが起こったときの対処法も確認しておくことが大切です。自己処理の肌ダメージをくり返さないために、プロによる脱毛でムダ毛のない美しい肌を目指しましょう

The following two tabs change content below.
AYA.Kashiwagi

AYA.Kashiwagi

スキンケアスペシャリスト/美容ライター。 有名美容整形クリニックや化粧品・エステのクチコミサイト運営などに携わる。自身がアトピー、肌アレルギーなど過去に肌トラブルで悩んだことから、正しいスキンケア方法を学び、整形やメイクをするにあたっての術後のスキンケアなどの美容法を発信中。

編集部オススメ3選(5/1更新)

医療脱毛を低価格で提供したいという想いから生まれたクリニック

コイハスキンクリニック

2019年に都内を中心にOPENした医療クリニック。最新医療脱毛機器「メディオスター」を採用することで、1か月に1回のペースで脱毛の施術を受けることができ最短5カ月で卒業できるのが魅力。また、全身脱毛の施術時間が一般的に120分程度に対して60分で完了するので、予約も取りやすいと人気急上昇↑↑脱毛プランは全身脱毛(顔・VIO除く)5回プランで159,000円と相場よりもかなりお得なプランです。

平日23時まで施術可能なOLの味方!渋谷美容外科

全身脱毛

1999年の開院当初より、安全性を重視した医療用脱毛機(アレキサンドライト・レーザー)を導入している渋谷クリニック。また、日本形成外科学会認定の形成外科専門医が診療を行うので、一人一人の毛質、肌質に合ったオーダーメイドの脱毛プランを提案してくれます。気になる脱毛価格は、全身脱毛(顔・VIO除く)5回プランが180,000円で、「初診料」「カウンセリング料」「剃毛代」「アフターケア代」すべて込みですので、安心&おトクなプランです。

脱毛機メーカー直営サロンなのでおトク

La coco(ラココ)

脱毛サロン「ラココ」、SHR方式脱毛機ルミクスを開発している脱毛機メーカーがプロデュースしている脱毛サロンです。従来方式のIPL脱毛と違い、ゴムでパチンと弾かれた痛みもなくほんわりと温かい光が当たるので、痛みに弱い人にオススメです。また、月額3,000円で最短6回で完了するプランもあり学生さんや主婦に人気のサロンです。

ページトップへ

Copyright© 脱毛レスキュー , 2019 AllRights Reserved.