脱毛コラム

「医療脱毛」と「脱毛サロン」を上手に併用する方法とは?

近頃は、女性のたしなみのひとつとなってきた脱毛。ただ、「脱毛」とひとくちにいってもいろいろです。いざ施術を受けるとなると、いったいどこを利用するべきなのか迷ってしまいますよね。施術の内容もそれぞれ異なりますので、注意しなければなりません。

まず大前提として、脱毛は「医療脱毛」と「脱毛サロン」に大きく分けられることをごぞんじでしょうか?両者には脱毛の方法や期間、費用などの面で違いがあり、それぞれにメリットとデメリットがあります。どちらかひとつに絞るのは難しいものです。そこで、このふたつを併用し、いいとこどりをするのはいかがでしょうか。今回は、医療脱毛と脱毛サロンを併用する方法や注意点を解説します!

●この記事の監修医師・専門家●

皮膚科・美容皮膚科医 魚住 知美 医師
日本皮膚科学会 正会員、日本美容皮膚科学会 正会員

北里大学医学部卒業後、順天堂大学附属順天堂医院で皮膚科、内科、外科、救命科で臨床研修。その後都内の大学病院皮膚科に入局し、日々最先端の治療や技術を学びながら皮膚科、美容皮膚科の診療に従事している。

「医療脱毛」と「脱毛サロン」は併用可能?

医療脱毛は「医療」とつくので、特別な感じがしますよね。一方で、脱毛サロンはどちらかというとエステの延長上にあるような印象を受けるのではないでしょうか。たしかに両者は別のタイプではあるのですが、施術自体はそれほど大きく違いがあるわけではありません。医療というからといって特別なことをするというわけではないのです。ふたつの違いについて説明しておきます。

医療脱毛は、脱毛するときに医療用レーザーを使います。このレーザーは強力なので、施術回数は少なめで済むというのがメリットです。おおむね8回ほどでしょう。脱毛期間も1年で済む場合があり、早く完了させたいという方にオススメです

脱毛サロンは、レーザーではなく光脱毛が使われます。(光脱毛以外の場合もあります。)施術回数も脱毛完了までの期間も、医療脱毛と比較すると倍ぐらいかかってしまうのですが、費用が安いのがメリットです。さらに、個人差はありますが、施術中の痛みも少ないと言われています。

医療脱毛と脱毛サロンは、併用しても問題はありません。片方の施術がもう一方の施術に影響を及ぼすということはないからです。たとえば、医療脱毛を利用してみて、痛みがたえがたい場合には脱毛サロンに切り替えるという方法もありでしょう。

注意するべきことはある?

医療脱毛と脱毛サロンを併用しても問題になることはないのですが、利用の仕方次第では、効果を最大限に得られないことになってしまいます。以下の注意点をおさえて、賢く利用しましょう。

同じ場所を同時に施術するのは無意味

ひとによっては、医療脱毛と脱毛サロンを併用して同時期に同じ部位を施術することで、より早くキレイに脱毛が完了するのではないかと考えるかたもいるかもしれません。しかし、レーザーにしても光脱毛にしても、ほとんどの脱毛機器は毛のメラニンに反応して処理しているメカニズムになっていますので、毛が生えていないところへいくら施術を繰り返してもムダ打ちとなってしまいます。脱毛は、毛周期に合わせて行うのが通常のスタイルです。これは医療脱毛でも脱毛サロンでも同じですので、同時期に同じ部位を併用しても無意味ですので気をつけましょう!

施術部位を変える

医療脱毛と脱毛サロンを併用するなら、部位を変えるのがおすすめです。たとえば、痛みを感じやすい繊細な部分は脱毛サロンで行うとか、早く済ませたい箇所は医療脱毛で行うという具合に分けるといいでしょう。

脇やVIOは、痛みを感じやすい部位として知られています。痛みに弱いかたは、脱毛サロンで施術を受けるのがおすすめです。膝下や肘下などは痛みに強い部位と言われているので、ここは医療脱毛でスピーディーに済ませてしまうというのもおすすめ。

利用する順番によっては注意が必要

脱毛サロンをひととおり利用したのち、まだムダ毛が残っていると感じる場合は、医療脱毛に行ってみるのも一案です。ただし、医療脱毛は一般的に痛みが強いため、これまでよりも痛くなったと辛く感じることもあるでしょう。逆に、医療脱毛を先に利用していた場合は、脱毛サロンだとなかなか効果が目に見えてこないので焦ってしまうかもしれません。両者の特徴を事前によくおさえておくといいですね。

併用することのメリットとデメリット

メリットは、ふたつの違いを実感できるということです。脱毛は、1回で完了するものではないので、気持ちよく通えることこそ大切。自分に合ったところを見つけるには、併用してみるのが一番でしょう。

デメリットは、やはり費用がかさむこと。全身脱毛などのキャンペーンを利用しづらくなるので、割高になってしまいます。

医療脱毛と脱毛サロンを賢く併用する方法

併用するのが前提の場合、はじめから部位別の部分脱毛をチョイスするのが賢い方法です。各サロンで、いろいろなキャンペーンが展開されているので、チェックしてみましょう。

また、乗り換え割が適用される場合もあります。このような割引を利用できるようにスケジュールを組んで、乗り換え前提で考えているのもおすすめです。

キャンペーン情報はこちら

注意点をおさえて賢く併用しよう!

医療脱毛と脱毛サロンを併用するのはおすすめですが、注意点もあります。まず、時期をずらして、違う部位を施術してもらうこと。医療脱毛は痛みが強いぶん早く効果が出やすいですし、脱毛サロンは費用が少なくて済みますが時間がかかります。こうした特徴をきちんとおさえて、割引なども利用しながら賢く併用してください。

 

ABOUT ME
脱毛レスキュー編集長 konomi
脱毛レスキュー編集長 konomi
「脱毛レスキュー」編集長。自己処理でいままで過ごしてきましたが、ここ数年で脱毛サロン技術の高さや医療脱毛の価格も安くなり、自分に合う脱毛サロン・クリニックを模索中!サロン選びに重視する価格、予約の取れやすさ、脱毛期間などいろいろな視点から編集長自ら体験して、取材・調査を行っています。
ページトップへ