脱毛(費用と効果)

【VIO脱毛】知っておきたい費用と効果について|施術の流れや注意すべきポイントも解説!

VIOは見られると恥ずかしい部分だからこそ、キレイにしたいですよね。VIO脱毛は脱毛コースの中でも人気がありますが、デリケートな部分なので「脱毛は痛そう」「施術が恥ずかしい」と一歩踏み出せない人も多くいます。

そこで今回は、VIO脱毛の施術の流れや注意すべきポイントをしっかり解説します。費用や効果についてもまとめたので、VIO脱毛のことがよくわかりますよ。

これを読めば、VIO脱毛に関する不安が解消され、自分の希望にあったVIO脱毛ができます。

VIO脱毛のメリットは?清潔感&オシャレを楽しめる

VIO脱毛のメリットは?清潔感&オシャレを楽しめる

VIO脱毛のメリットは、清潔感があることとオシャレを楽しめることです。

  • 生理中も快適に過ごせる
  • 水着や下着からムダ毛がはみ出ない
  • 自己処理の肌トラブルから解放される

生理中は蒸れやすく、かぶれやかゆみの原因になることがありますよね。VIO脱毛をすると、経血が毛に付かなくなり、蒸れが軽減され、快適に過ごせるようになります。

VIO脱毛をすると流行りの水着やオシャレな下着を試しても、毛がはみ出していないかを気にする必要がありません。整ったVIOは清潔感があり、男性からも好印象です。

自己処理をすると、埋没毛や色素沈着が気になることがありますが、VIO脱毛をするとそのような悩みから解放され、手触りのいい肌になりますよ。

VIOの範囲はどこ?人気のデザインや形も紹介

VIOの範囲はどこ?人気のデザインや形も紹介

VIO脱毛とは、どの範囲のことをいうのでしょうか。

  • Vライン…両足の付け根あたりの部位
  • Iライン…Vラインのさらに奥、陰部の両サイドあたりの部位
  • Oライン…粘膜を除いた肛門周りの部位

この3ヵ所をまとめてVIOと呼んでいます。

VIO脱毛は、全ての毛をなくす「ハイジニーナ」以外にも、デザインを選ぶことができます。脱毛を始める前に考えておきましょう。人気のデザインや形を紹介します。

人気のデザイン
  • 逆三角形
  • スクエア
  • Iライン
  • 楕円

1番人気は自然な逆三角形で、2位はハイジニーナ(無毛)です。スクエアやIラインにするとサイドが細くなるので、毛が水着や下着からはみ出るリスクが減ります。楕円は上品な印象になるので、おすすめです。

全身脱毛プランの場合も!VIO脱毛の費用はいくら?

全身脱毛プランの場合も!VIO脱毛の費用はいくら?

VIO脱毛の費用は、VIOのみの場合と全身脱毛に含まれる場合があります。

VIO脱毛のみVIO含む全身脱毛
サロン脱毛約4〜6万円(5回)約20万円(5回)
医療脱毛約7〜8万円(5回)約35万円(6回)

費用を比べると、サロン脱毛の方がお得です。特にVIOを含む全身脱毛になると、サロン脱毛と医療脱毛で費用は大きく変わってきます。サロン脱毛はキャンペーンを行っていることも多いので、費用を抑えたい人におすすめです。ではそれぞれの費用を詳しく紹介します。

サロン脱毛|1回1万円以下!サロンごとに料金の差あり

サロン脱毛は、光を照射することによって毛を作る細胞を弱らせ、抑毛・減毛する方法です。痛みの少ない脱毛機を使っていることが多く、VIO脱毛を任せても安心です。

サロンで行われる脱毛方法を「光脱毛」といいますが、毛周期に関係なく脱毛が出来る脱毛機も出てきたので、通いやすくなっています。

サロン脱毛の魅力は費用を抑えてVIO脱毛ができることです。サロンごとに料金に差はありますが、平均するとおよそ4万円から6万円で脱毛ができます。1回の施術で考えると、1万円以下で出来るなんて、お財布に優しくスタートできますね!

全身脱毛を選んでも、分割すると3,000円程度から受け付けてくれることがあるので、VIO以外も気になっている人は、全身脱毛(VIO込み)を選びましょう。

医療脱毛|5~6回プランは7万円前後!麻酔代もチェック

医療脱毛は、レーザー脱毛を行うので、クリニックや病院でしか受けることができません。脱毛の効果が高く、永久脱毛を目指すこともできます。結果が早く出るので、通う回数を減らしてVIO脱毛をしたい人におすすめです。

医療脱毛は費用が高いといわれていますが、5〜6回セットで7万円前後です。サロン脱毛と費用はそれほど大きく変わりません。

クリニックや病院では麻酔を使うことができ、無痛とはなりませんが大幅に痛みを抑えられます。痛みに弱い人も安心です。

ただ麻酔の料金は別途かかることが多いので、料金は事前に確認しておきましょう。施術の回数を重ねると毛が減ってくるので、痛みもなくなってきます。麻酔を使うのは最初の頃だけのことが多いですよ。

【比較】サロン脱毛と医療脱毛の必要な回数は?

【比較】サロン脱毛と医療脱毛の必要な回数は?サロン脱毛や医療脱毛で、VIO脱毛をした時の必要な回数はどれくらいなのかを比べてみました。

仕上がり脱毛サロン医療脱毛
毛が減ってきたと実感5〜7回1〜3回
自己処理が不要8〜12回4〜5回
希望のデザインやハイジニーナになる18回〜24回6回〜8回

脱毛サロンの場合、希望のデザインになるまでに8回〜12回の施術がいるため、2~3年の期間が必要です。

それに比べて、医療脱毛なら5回程度の施術で希望のデザインにでき、脱毛完了までの期間が短くて済みます。それぞれの回数について詳しく説明します。

サロン脱毛|6回以上で薄くなる!数年かかることも

サロン脱毛は、痛みの少ない施術ができますが、医療脱毛に比べると光の照射が弱いため、効果を感じるまでに時間がかかります。

毛が減ってきたと効果を感じるまでに6回以上、自己処理不要となるまでには10〜12回程度の施術が必要です。脱毛サロンには 2ヶ月に1回程度のサイクルで通うので、12回通うには約2年かかります。3〜4年通うと、ハイジニーナ(無毛)を目指すことができます。

サロンでのVIO脱毛は時間がかかりますが、VIOはデリケートな部位であり、全身の中でも痛みを感じやすいところです。強い刺激を与えると、肌荒れや炎症を起こしやすいので、注意しなければいけません。

サロンの光脱毛なら、安く、痛みを抑えて脱毛でき、肌への刺激も優しいのがメリットです。

医療脱毛|8回前後・1年で永久脱毛が可能!

医療脱毛は、レーザーで毛が生えるための細胞を破壊するため、たった1回の施術でもムダ毛が減ったと効果を感じられることも。VIO脱毛のセットになっている回数(4〜5回)で、自己処理が不要になるレベルまで脱毛することができます。

希望のデザインやハイジニーナになるまでの期間は約1年で、スピーディに脱毛を終わらせることができ、永久脱毛も可能です。クリニックでのVIO脱毛の金額は、脱毛サロンより高いですが、施術回数を考えると、費用はトータルで安くなることもあり得ます。

ただ医療脱毛は照射のパワーが強いので、サロン脱毛より痛みが出やすいです。麻酔で対応はできますが、毎回使うと費用がかさむので気をつけましょう。

サロン脱毛 or 医療脱毛?おすすめタイプを紹介!

サロン脱毛 or 医療脱毛?おすすめタイプを紹介!

VIO脱毛をしたいと思っても、費用や効果を考えるとサロン脱毛がいいのか、医療脱毛がいいのか迷ってしまいますよね。そこでおすすめタイプをご紹介します。

サロン脱毛
  • 費用を抑えて脱毛をしたい人
  • VIO脱毛の痛みを少なくしたい人
  • 通い続けることが苦ではない人
医療脱毛
  • 効果を早く実感したい人
  • 永久脱毛をしたい人
  • 肌に何かあったらすぐ対応して欲しい人

サロン脱毛のメリットは痛みが少ないことですが、デメリットは通院期間が長いことです。費用を抑えられるとはいえ、通うことがしんどい人には難しいと思われます。

医療脱毛のメリットは、効果が早く出ることです。1回〜3回の施術で毛が減ってきたことを感じられると、通うのも楽しくなりますよね!デメリットは痛みの問題。痛い時は我慢せず麻酔を上手に活用しましょう。

【口コミ】気になる!VIO脱毛の施術の流れや痛み

【口コミ】気になる!VIO脱毛の施術の流れや痛みVIO脱毛で気になるのは、施術の姿勢や痛みですよね。デリケートなところを晒すのは恥ずかしいと思っている人も多いはず!

そこで実際に施術を受けた人の口コミを元に、施術中の姿勢や恥ずかしさ、痛みの程度について調査しました。

意外と施術で恥ずかしさを感じるのは最初だけのようです。恥ずかしくないように配慮もされていて、リラックスして受けられるようになっています。よくいわれているようにVIO脱毛は痛みもあるようですが、軽減する対処法もあるようですよ。では詳しくご紹介します。

施術中の姿勢は?恥ずかしいのは最初だけ!

VIO脱毛の施術はどんな姿勢でするのでしょうか。デリケートゾーンを人に見せると考えただけで、なんだか恥ずかしいですよね。経験者がどのように恥ずかしさを乗り越えたのか体験談を調べました。

クミコさん
クミコさん
脱毛は紙ショーツを履いてずらしながら行われるので、全開ではないです。仰向けの時は膝を立てて90横に倒します。Oラインはうつ伏せで少し足を開くだけでした。
サクラさん
サクラさん
巻いたタオルを必要な時にめくって施術し、またかけて反対側へ…としてくれるのであまり恥ずかしくなかったです。始まったら恥ずかしさより痛みが勝ります。
マキさん
マキさん
「反応で濡れるんじゃないか」と気にしていたら「ジェルを塗って施術するから濡れているかどうかはわからない」と説明されて安心しました。聞いてみてよかったです。

施術は、紙ショーツを履き、タオルやショーツをズラしながら行います。恥ずかしいのは最初だけの人が多いようです。

他の部位に比べてかなり痛い?対処法もある◎

VIO脱毛は他の部位に比べて非常に痛いと聞きますが、どの程度なのでしょうか。口コミを調べてみました。

リリコさん
リリコさん
痛みはありましが、我慢できる範囲でした。赤みや腫れも起きなかったのでクリニックで教えてもらった保湿をしっかりしておきました。
ミホさん
ミホさん
麻酔のできるクリニックでVIO脱毛をしたら全然痛くなかったです。クリニックに麻酔のサービスがあるなら絶対にやったほうがいい!無痛ではないですがワキ脱毛より痛くないです。
カナさん
カナさん
取り入れている脱毛機によって痛みは違うみたいです。私は痛みに強いほうですが歯を食いしばっていることもあります。特にIラインの上の毛が密集しているあたりは痛いです。

VIO脱毛で痛みが心配な人は最初から麻酔をしてもらいましょう。無痛ではないですが、全然違うという声がありました。また脱毛機によって痛みの程度は違うようです。通う予定のサロンやクリニックの脱毛機について事前に確認しておくと安心ですね。

【必見】VIO脱毛で注意すべき3つのポイント

【必見】VIO脱毛で注意すべき3つのポイント

VIO脱毛で注意すべきポイントは3つあります。事前に確認しておくと脱毛が始まってから、「思っていたのと違う」と焦らずに済みますよ!

  1. 粘膜部分も照射できるのか
  2. 痛みを軽減できるか
  3. シェービング代・キャンセル代はどれくらいか

特に痛みには要注意です。VIO脱毛は毛が濃いために、痛みを感じやすいといわれています。痛みの軽減方法は必ず確認しておきましょう。ではそれぞれのポイントについて詳しく解説をします。

① 脱毛可能な範囲は?粘膜部分も照射OKか確認しよう

脱毛範囲はサロンやクリニックで細かく決まっています。粘膜部分も照射OKかは確認しましょう。VIOの粘膜部分とは、Iラインの中心の少し湿っている部分です。股の中心にある小陰唇の間が粘膜となっています。

粘膜部分はあまり毛が生えていませんが、せっかくVIO脱毛をしても粘膜部分に毛が残っていると気になるもの。ただ、粘膜部分はデリケートな部分のため、多くのサロンでは粘膜部分への照射は行っていません。

理由としては、粘膜部分は色素沈着が強く、痛みが強く出てしまうことがあるからです。粘膜部分を脱毛したい場合は医療脱毛を選ぶようにしましょう。トラブルが起きても医師が対応してくれるので、適切なケアを受けることができます。

② 痛みは軽減できる?脱毛機の種類や麻酔もチェック

VIO脱毛は痛みを感じやすいといわれています。

デリケートゾーンが痛みを感じやすい理由は以下が考えられます。

  • 毛根が深い
  • 皮膚が薄い
  • 色素沈着しやすい

そのため、痛みを軽減できるかどうかを確認しておきましょう。医療脱毛の場合は、麻酔を使うことができ、麻酔代の目安は1回3,000円です。体質によって、使えない麻酔や効きが悪い麻酔もあるので確認しましょう。

サロンの場合は、脱毛機の出力を下げることで対応できますが、出力を下げると脱毛完了までに時間がかかるというデメリットがあります。下げると脱毛完了までの時間がどのように変わるのかも確認してくださいね。

またクリニック・サロン共に、脱毛機の種類は確認しましょう。痛みがでにくい脱毛機を使っているサロンやクリニックを選ぶと、安心です。

③ 料金が予定よりかさむ?シェービング代・キャンセル代

サロンでもクリニックでも、施術の前日か当日までにムダ毛を処理しておく必要があります。Iラインは体の中でも特にデリケートな部分なので、皮膚を傷つけないように気をつけて処理しましょう。

シェービングはサロンやクリニックにお任せすることも可能ですが、シェービング代が有料の場合、意外と料金がかさむことも。

サロンやクリニックによっては、シェービング代が無料のところもあります。セルフケアが不安な場合は、無料で対応可能なクリニックやサロンを選べば安心です。

同様に意外と出費がかさむのが、キャンセル代です。当日のキャンセルは有料のことがあるので、どのタイミングでキャンセルすると料金が発生するのかを確認しておきましょう。

まとめ|VIO脱毛はメリットがたくさん!

まとめ|VIO脱毛はメリットがたくさん!VIO脱毛をした人の口コミや体験談をみると「やってよかった」と思っている人が圧倒的に多いです。やはりデリケートゾーンの毛がなくなると、ムレにくく快適に過ごせるようになります。特に生理の時にメリットを感じている人が多いようです。

下着や水着から毛が出てしまう心配もなく、いつでもオシャレを楽しむことができます。痛みの問題はありますが、麻酔や脱毛機の種類を選べば問題ありません。

VIO脱毛に興味を持った人は、自分の希望のデザインを明確にしましょう。ハイジニーナにするかどうかで脱毛の期間や費用が変わります。脱毛の希望によっては粘膜部分も脱毛範囲となるので、対応できるクリニックかどうかの確認も大切です。

VIO脱毛をして快適な生活を手に入れましょう!

ABOUT ME
脱毛レスキュー編集長 konomi
脱毛レスキュー編集長 konomi
「脱毛レスキュー」編集長。自己処理でいままで過ごしてきましたが、ここ数年で脱毛サロン技術の高さや医療脱毛の価格も安くなり、自分に合う脱毛サロン・クリニックを模索中!サロン選びに重視する価格、予約の取れやすさ、脱毛期間などいろいろな視点から編集長自ら体験して、取材・調査を行っています。
ページトップへ