顔脱毛

【鼻毛脱毛】デメリットが多く危険?やる前に知っておきたい注意点や対応策を徹底解説!

【鼻毛脱毛】デメリットが多く危険?やる前に知っておきたい注意点や対応策を徹底解説!

鼻毛を脱毛して生えにくくする鼻毛脱毛。興味はあるけれど、「危険なのでは?」と心配な方も多いでしょう。そんな方のために、今回は、鼻毛脱毛をするにあたって知っておきたい注意点や対応策を解説します。

鼻毛脱毛は、デメリットが多くて危険だといわれていますが、本当にやる価値はあるのでしょうか?鼻毛脱毛のメリットやデメリット、危険を回避する解決策もご紹介するので、鼻毛のないストレスフリーな日々を送りたい方は参考にしてみてください

【基本】危険度が一番高い?鼻毛脱毛とは

【基本】危険度が一番高い?鼻毛脱毛とは

鼻毛は、危険度が高いといわれる脱毛部位のひとつです。鼻毛を処理するには、粘膜で覆われて鼻の内部の毛穴から生えている毛を脱毛する必要があるため、鼻の粘膜を傷つけてしまうことがあります

また、鼻の内部は暗く見えにくいので、セルフケアは非常に難しい部位です。暗い鼻の中の毛を脱毛することは、専門のスタッフでさえ難しいといわれています。

さらに、鼻毛脱毛をすると、今まで鼻毛の果たしていた役割が消えてしまうため、風邪を引きやすくなるなど無防備な状態になってしまいます。

また、鼻毛脱毛はたいていが永久に毛が生えなくなるものではなく、鼻の毛を細く柔らかくするものです。一見快適に過ごせるようになりそうな鼻毛脱毛ですが、鼻毛の脱毛には様々な危険性があることも知っておきましょう。

【知っトク】ここがおすすめ!鼻毛脱毛の3つのメリット

【知っトク】ここがおすすめ!鼻毛脱毛の3つのメリット

鼻脱毛をすると、鼻毛が気にならなくなるだけでなく、他にもメリットがあります。鼻毛脱毛の3つのメリットは、以下のとおりです。

  1. お手入れの時間を削減|毎日の処理が不要に
  2. もう気にならない|恥ずかしい剃り忘れはおさらば
  3. 印象が激変|顔全体のイメージがすっきり

お手入れの時間が減ることや、印象がアップすることなど、鼻毛脱毛には良いことがたくさんあります。それぞれのメリットについて、詳しく解説します。

【メリット1】お手入れの時間を削減|毎日の処理が不要に

お手入れの時間が削減できることは、鼻毛脱毛の大きなメリットとなります。鼻毛はすぐに伸びてくるもの。伸びてくるたびに切っていると、結構手間がかかります。また、鼻毛を切ろうとして、鼻の中の粘膜を傷つけて痛い思いをしてしまうこともあります。

しかし、鼻毛脱毛をすると、もうそんな面倒なお手入れからは解放されます。毎日の鼻毛の処理が不要になることは、思った以上に時間の削減に。今まで鼻毛を処理していた時間を、メイクやヘアセットなど他のことに使えるので、朝の忙しい時間にも助かります。

何より、もう鼻毛の処理をしなくていいんだという開放感がうれしいですね。鼻毛脱毛にはブラジリアンワックスやレーザー、ニードルなどの方法がありますが、どの方法でもしばらくは効果が持続するので、自己処理の時間がぐんと減らせます

【メリット2】もう気にならない|恥ずかしい剃り忘れはおさらば

大切なイベントのときに鼻毛が出ていた、という経験はありませんか?鼻毛をカットしたつもりでも、長い鼻毛がぴょんと出ていることもありますね。

メイクや服装にはしっかり気を遣っていても、鼻毛までは気が付かないことも多いもの。大切なイベントから帰ってきてふと鏡を見ると、鼻毛が出ていたなんてことも案外多いものです。

しかし、鼻毛脱毛で鼻毛を脱毛しておけば、鼻毛が出ていて失敗することはありません。同時に、大切な方と合う前に鏡で鼻毛が出ていないかチェックする手間も省けます。もう鼻毛が出ているかどうか気にする必要がなくなることは、鼻毛脱毛の大きなメリットのひとつです。

鼻毛脱毛をしておけば、剃り残した鼻毛で、恋人との良いムードを壊す心配もなくなりますね。

【メリット3】印象が激変|顔全体のイメージがすっきり

鼻毛脱毛は、鼻の印象をすっきりさせてくれます。鼻は顔のど真ん中にある、顔の印象を大きく左右するパーツのひとつ。もし鼻毛が出ていたら、いくら良いファンデーションを塗って鼻の表面を綺麗にしていても、会う方に良い印象を与えることはできません。

逆にすっぴんでも、鼻毛が生えていない鼻は、しっかりとお手入れがされている清潔感があり、顔全体の印象を爽やかにしてくれます。鼻毛脱毛では、鼻の中の濃い鼻毛だけでなく、鼻下に生えている産毛のような毛も脱毛できる場合があります。

鼻下の産毛が綺麗になると、横から見ても鼻毛が見えないので、横顔もすっきりします。また、鼻から口元にかけて透明感がアップしたような印象を与えることができます。顔全体のイメージがアップすることも、鼻毛脱毛の大きなメリットといえるでしょう。

【確認必須】気を付けて!鼻毛脱毛の3つのデメリット

【確認必須】気を付けて!鼻毛脱毛の3つのデメリット

鼻毛を処理して清潔感をアップさせてくれる鼻毛脱毛ですが、鼻毛脱毛には避けられないデメリットもあります。鼻毛脱毛の3つのデメリットは、以下のとおりです。

  1. 粘膜はきずつきやすい|炎症の危険性
  2. 鉄壁ガードが崩壊|鼻水垂れ流しの恐れ
  3. フィルター効果が低下|風邪を引きやすくなる

鼻毛はいらないもののように見えて、実は人の健康を守る大事な役割を果たしています。そんな鼻毛を脱毛すると、いくつか不安な点が出てくるのです。それぞれのデメリットについて、詳しく解説します。

【デメリット1】粘膜はきずつきやすい|炎症の危険性

鼻毛を自己処理している方は、小さなハサミを使っている方も多いでしょう。そのハサミで間違って鼻の粘膜をきずつけてしまうと、その後腫れてしまうことがありますね。鼻毛脱毛でも、同じようなことが起こる危険性があります。

鼻毛脱毛は、鼻の内部に生えている毛をレーザーや針などで脱毛します。しかし鼻の内部の粘膜はきずつきやすく、脱毛で粘膜をきずつけてしまう可能性が高いことが特徴です。粘膜をきずつけるリスクが高いのに加え、そのきずから雑菌が入りこみ、炎症を起こしてしまう危険性もあります。

これが鼻毛脱毛が危険といわれる理由のひとつ。鼻の粘膜をきずつけないように施術をするのは、多くの経験のあるプロでも難しいといわれています。

【デメリット2】鉄壁ガードが崩壊|鼻水垂れ流しの恐れ

あまり意識はされていませんが、鼻毛は鼻水の鉄壁ガードの役割を果たしています。

風邪をひいた時などに、鼻水がたらっと鼻から垂れてくることがあります。しかし、鼻毛があることで鼻水が落ちてくる速度を抑えられるので、その鼻水が下に垂れる前にティッシュで拭くことができるのです。

いつも陰ながら私たちを見守ってくれている鼻毛を脱毛することで、今までの鉄壁ガードが崩壊し、鼻水の垂れ流しになってしまう可能性が高まります。たらっと垂れてくる鼻水を拭く猶予も与えられず、すーっと下まで落ちてしまうことになりかねません。

せっかく鼻毛を綺麗に脱毛しても、鼻水が垂れてきてティッシュで拭くこともできないのなら、鼻毛脱毛をしても悲しい結末に終わってしまいますね。

【デメリット3】フィルター効果が低下|風邪を引きやすくなる

この先鼻毛に悩むことが減る鼻毛脱毛ですが、鼻毛脱毛には健康面でのデメリットもあります。鼻毛の役割は、埃や病原体が気管支を通して体内に入ってくるのを防ぐことです。そのフィルターの役割が脱毛することで低下してしまうので、風邪を引きやすくなります

また、鼻毛には、鼻の粘膜を守り乾燥から防ぐという大切な役割もあります。この役割がなくなってしまうことで、鼻の内部が乾燥し、ヒリヒリとした痛みを感じることがあります。

そのまま鼻の粘膜の乾燥状態が続くと、粘膜のバリア機能が低下し、これも風邪を引きやすくなる原因となります。いくら鼻毛が気にならなくなっても、風邪やインフルエンザになりやすくなってしまうのは困りますね。

【要チェック】気になる!鼻毛脱毛の3つの方法とは

【要チェック】気になる!鼻毛脱毛の3つの方法とは

メリットもあればデメリットもある鼻毛脱毛ですが、どのような方法で脱毛するのでしょうか?鼻毛脱毛の3つの方法は、以下のとおりです。

  1. 一瞬でなくなる|ブラジリアンワックス
  2. 効果もあるけどリスクもあり|レーザー脱毛
  3. 最も安全で永久脱毛|ニードル脱毛

鼻毛脱毛は危険なため、行っているサロンやクリニックは少ないです。しかし、鼻毛脱毛に興味がある方は、脱毛方法を知っておいて損はないはず。それぞれの方法について、詳しく解説します。

【方法1】一瞬でなくなる|ブラジリアンワックス

ブラジリアンワックスというと、ビリッと剥がすときの痛みを連想してしまう方も多いでしょう。鼻毛のブラジリアンワックスは、ワックスを塗った棒を脱毛したい箇所に塗り、乾いたら棒ごと引き抜く方法。確かに痛みがありますが、一瞬で毛がなくなる爽快感があります

ブラジリアンワックスの効果が持続するのは、およそ1ヵ月なので、毎月行わなくてはなりません。また、粘膜に刺激を与える方法なので、粘膜がきずつきやすいことも特徴です。粘膜にできた傷から雑菌が入り込んで炎症を起こしてしまうリスクもあります。

仕組みが分かりやすく手軽ですが、出血や鼻毛が全くなくなってしまう恐れがあるので、ブラジリアンワックスはあまりおすすめできる方法ではありません。

【方法2】効果もあるけどリスクもあり|レーザー脱毛

レーザー脱毛は、細い脱毛器を鼻の中に入れて脱毛部位を照射していく方法。レーザー脱毛なので効果は数ヵ月続きますが、リスクも高いことが特徴です。

鼻の形がでこぼこしているため照射の角度が難しく、脱毛する方の技術力が問われます。脱毛できる方が少ないので、取り扱っているサロンやクリニックが非常に少ないのが難点です。

また、鼻の奥をきずつけてしまうリスクが高いことも、多くのサロンやクリニックで受けることができない理由です。

中には、ガーゼなどを鼻に詰めて、鼻の奥がきずつかないように鼻毛脱毛をしてくれるサロンもあります。脱毛箇所は鼻の穴付近のみになりますが、リスクを避けて施術ができるので安心です。

レーザー脱毛は、リスクを理解したうえで、長く脱毛効果を実感したい方におすすめです。

【方法3】最も安全で永久脱毛|ニードル脱毛

鼻毛を一番安全な方法で脱毛したいなら、ニードル脱毛がおすすめです。ニードル脱毛は、毛穴に針を刺し、その針に電流を与えて毛根を壊す方法。とても高い技術がいるので、技術力の高いスタッフしか施術することができません

普通のニードル脱毛でも難しいのに、鼻毛の脱毛はかなり難しいもの。暗い鼻の中で毛穴の1本1本に正確な角度で針を刺すことは、想像を超える難しさがあるでしょう。そのため、ニードル脱毛で鼻毛脱毛ができるサロンやクリニックはなかなか見つけることができません。

しかし、ニードル脱毛の脱毛効果は高く、1度受けたら鼻毛が生えてくることはほぼなくなります。脱毛効果の高いニードル脱毛は、何度も施術をするのが嫌な方におすすめです。

【解決】危険を回避|鼻毛脱毛は外側だけにしよう!

【解決】危険を回避|鼻毛脱毛は外側だけにしよう!

鼻毛脱毛は危険なことは分かっても、どうしても鼻毛が気になり、脱毛したい方もいるでしょう。そんな方には、鼻の穴に近い外側の部分のみを脱毛することをおすすめします。

外側だけなら、鼻から鼻毛がはみ出してしまうこともなくなり、それでいて鼻毛の役割は保つことができます。ニードル脱毛やレーザー脱毛など、効果が長続きする脱毛方法を選び、鼻毛脱毛の施術を受けるたびに気になる危険を回避しましょう。

鼻毛脱毛をするなら、サロンやクリニックのカウンセリングでリスクについて十分に説明をしてくれるかどうか確認しておきましょう。

もしリスクの説明が全くないなら要注意。逆に、隠さずリスクの説明を丁寧にしてくれるサロンなら、安心して施術を受けることができるでしょう。

まとめ|鼻毛脱毛をするならリスクを知ってから!

まとめ|鼻毛脱毛をするならリスクを知ってから!

鼻毛脱毛は、リスクの高い脱毛です。一見鼻毛が減って楽しい毎日がやってくるように見えますが、実は健康を損なうことにもなりかねません。リスクを知った上で、それでも鼻毛脱毛がしたいなら、外側のみの施術を行うようにしましょう

リスクをカバーして、外側のみの鼻毛脱毛をすると、毎日の鼻毛の処理から解放されます。サロンやクリニックは、口コミや公式プロフィールなどを参考に慎重に選び、信頼できるスタッフをからの施術を受けるようにしましょう

鼻毛脱毛をするには、それなりの覚悟があるはずです。リスクを踏まえた上で鼻毛脱毛をしたなら、もう鼻毛の飛び出す心配がない毎日がやってくるはず。それは今までに味わったことのない特別な日々となるでしょう。

ABOUT ME
脱毛レスキュー編集長 konomi
脱毛レスキュー編集長 konomi
「脱毛レスキュー」編集長。自己処理でいままで過ごしてきましたが、ここ数年で脱毛サロン技術の高さや医療脱毛の価格も安くなり、自分に合う脱毛サロン・クリニックを模索中!サロン選びに重視する価格、予約の取れやすさ、脱毛期間などいろいろな視点から編集長自ら体験して、取材・調査を行っています。
ページトップへ