脱毛種類

脱毛サロンで話題の「光脱毛」とは?種類や仕組み、レーザー脱毛との違いまで徹底解説!

脱毛サロンで施術を受けるときに使われる光脱毛。ムダ毛を処理したい箇所に光をあてるだけで簡単に処理できるのは素晴らしいですよね。ですが、光脱毛とはどんな機械なのか、わからない人も多いと思います。

そこで今回、この記事では光脱毛とは何か、種類や仕組みなどを詳しく紹介します。光脱毛の種類を知っておけば、安心して脱毛することが出来るでしょう。ぜひ、最後までご覧ください。

【基本】光を当ててムダ毛を減らす?光脱毛とは

【基本】光を当ててムダ毛を減らす?光脱毛とは

光脱毛は、サロンによってはフラッシュ脱毛とも呼ばれます。また、クリニックで使われる脱毛とも異なります。

  • サロン…光(フラッシュ脱門)
  • クリニック…医療脱毛

サロンとクリニックではこのような違いがあります。

光脱毛は、ムダ毛を処理したい箇所に光をあてることで熱ダメージを毛根にのみ与えます。肌ではなくメラニン色素に反応するように出来ているため、傷つくことなく施術が可能となる訳です。

また、いつでも施術可能という訳ではなく、光脱毛は毛周期のなかの『成長期』に合わせて施術することでより高い効果が期待できます。

そのため、1回の施術では完全に脱毛できる訳ではなく、毛周期に合わせて何回もサロンに通う必要があるのです。

【種類】使用する機器で作用が異なる|光脱毛の3つの種類

【種類】使用する機器で作用が異なる|光脱毛の3つの種類

サロンでは光脱毛、クリニックでは医療脱毛と種類が異なることを説明しましたが、実は光脱毛にはさらに3つの種類があることを知っていますか。

サロンによって光脱毛の種類が異なるため、どんな種類があるのかを知っておくことはとても大切です。では、さっそく3つの種類について特徴や効果などを見ていきましょう。

【種類1】剛毛の毛に効果絶大|IPL脱毛

まず、IPL脱毛の特徴について見ていきましょう。

  • メラニン色素に反応する光をあてる
  • 太い毛(剛毛)に効果絶大
  • 広範囲を短時間で施術できる

IPLとは、Intense Pulse Lightの略であり、多くのサロンで導入されているのがこのIPL脱毛方式です。キセノンランプを使用した脱毛方法です。

照射するヘッドの面積が広いので、短時間での施術が可能となります。また、メラニン色素に反応する光を照射するので、剛毛にも効果があるのは嬉しいポイントですよね。

ただし、施術箇所を日焼けすると施術が出来ないなどのデメリットもありますので、脱毛をしている間は気を付けて生活をする必要があるでしょう。

【種類2】美肌の効果もあり|SSC脱毛

次に、SSC脱毛の特徴について見ていきましょう。

  • トレジャービーンズジェルを一緒に使って施術を行う
  • 毛の太さ関係なく施術可能
  • 肌への負担が少なく、美肌効果あり
  • 痛みが少ない

SSCとは、Smooth Skin Controlの略であり、IPL脱毛と同様でこちらも多くのサロンで導入されています。クリプトンライトを使用した脱毛方法です。

トレジャービーンズジェルを使い光を当てるため、毛の太さ関係なく産毛でも脱毛可能なのがメリット。ジェルには抑毛効果があり、肌への負担が少ないので美肌効果が期待できます。

痛みも少ないため、施術による痛みが心配だという人におすすめする脱毛方式です。

【種類3】痛みがほぼない|SHR脱毛

最後に、SHR脱毛の特徴について見ていきましょう。

  • 3つの中で一番新しい脱毛方式
  • バルジ領域に光を照射
  • 毛周期関係なく施術が受けられる
  • 痛みがほとんどない

SHRとは、Super Hair Removalの略であり、多くのサロンではまだ導入されていない新しい光脱毛となります。

バルジ領域と呼ばれる細胞に光を照射してダメージを与えるため、毛周期関係なく施術が受けられるのが一番の特徴だと言えるでしょう。

施術時に痛みを感じることがほとんどないため、安心して施術が受けられるのは嬉しいですよね。ただし、取り扱っているサロンがまだ少ないため、探すのが大変かもしれません。

【要チェック】始める前に確認!光脱毛の特徴を解説

【要チェック】始める前に確認!光脱毛の特徴を解説

光脱毛は多くのサロンで導入されていますが、その特徴について知っているという人は少ないと思います。

脱毛をする前に、必ず光脱毛の特徴について知っておきましょう。ここでは、光脱毛の特徴について3つ紹介します。どれくらいの範囲で脱毛が可能なのか、メリットなどをきちんと理解しておきましょう。

【特徴1】粘膜を含まなければ大丈夫|脱毛できる範囲

光脱毛で脱毛できる範囲は多岐にわたります。自己処理しにくい背中や腕・ワキなど人気の箇所も安心して施術ができるでしょう。

また、粘膜を含まない箇所であれば施術できますので、VIOや顔も問題ありません。そのため、全身脱毛も問題なく処理してもらえるのは嬉しいですよね。

ですが、酷く日焼けしている肌やほくろ・シミがある箇所は光脱毛が出来ない恐れがあります。カウンセリングの時に、もし気になる箇所があればあらかじめ相談すると安心です。

特に日焼けは、肌全体が黒くなるため注意が必要です。日焼けしないためにもUVケアは徹底して下さい。

【特徴2】長期的な施術が必要|光脱毛の効果

光脱毛は、クリニックで行われる医療脱毛に比べると効果はゆっくりです。そのため、長期的な施術が必要となり、なかなか思うように目に見えて実感することが出来ないため不安になるかもしれません。

ですが、IPL脱毛やSSC脱毛はメラニン色素の黒い部分に反応して脱毛処理をするため、剛毛の人ほど効果が現れやすいという特徴があるようです。

光脱毛は一般的に2~3年程度通わなくてはいけないため、焦らずに施術を繰り返すことが大切です。また、途中で通うのが面倒にならないためにも、通いやすい場所を見つけて下さいね。

【特徴3】痛みが少ない|光脱毛のメリット

光脱毛は、医療脱毛よりも光の照射力が弱いため、長期間通い続けなくてはいけませんが逆に言えば痛みが少ないということが挙げられます。施術時の痛みは個人差がありますが、できる限り痛みを少なくして施術を受けたいという人に光脱毛はおすすめです。

また、脱毛の作用がゆるやかなので、術後もトラブルや副作用が起こりにくいという特徴もあります。次の施術に影響するという可能性も少ないため、安心してスケジュール通りの施術が受けられるでしょう。

長期間通い続けても問題なく、出来れば痛みを少なくしたいという人に光脱毛はおすすめですよ。

【料金】光脱毛の相場を部位・回数別に徹底解説!

【料金】光脱毛の相場を部位・回数別に徹底解説!

光脱毛の相場は、部位別に分けると以下のようになります。

回数相場
全身脱毛約18回約600,000円
ワキ約12回約45,000円
VIO約12回約60,000~120,000円
約12回約30,000円

全身脱毛は処理する箇所やサロンによって金額に大きな差がありますが、相場はおよそ600,000円となるため高額です。

ワキやVIO、顔などは人気の箇所ですが、部分脱毛をすると大体表くらいの費用がかかるようです。

ただし、サロンやクリニックによっては季節・期間ごとにお得なキャンペーンを行っています。キャンペーンを活用すればよりお得に脱毛ができるでしょう。

光脱毛とレーザー脱毛違いって?メリット・デメリットを解説

光脱毛とレーザー脱毛違いって?メリット・デメリットを解説

サロンで使われる光脱毛とクリニックで使われる医療(レーザー)脱毛は、どのような違いがあるのか知っていますか。

まず、以下の表を見てみましょう。

光脱毛医療(レーザー)脱毛
施術回数約18回約5回
脱毛期間2~3年1~2年
診察カウンセラー

(資格がなくても施術可能)

医師

(有資格者)

肌トラブル店舗で対応できない薬を処方するなどの

対応が可能

脱毛をサロンかクリニック、どちらで施術してもらおうか悩んでいる人は、それぞれのメリットやデメリットについてきちんと理解しておきましょう。

ここでは、光脱毛と医療脱毛の違いについて詳しく解説します。

レーザー脱毛は医療行為に含まれる!痛みが生じることも?

レーザー脱毛は、毛根細胞を破壊することで永久脱毛の効果が得られる脱毛です。サロンで取り扱い出来ないのは、レーザー脱毛が医療行為にあたるから。

また、レーザー脱毛も毛周期の成長期である毛にしか効果がないため、完了するまでにクリニックに何回か通う必要があります。しかし、光脱毛よりも照射力が強いため、完了までの期間はサロンよりも早いでしょう。

レーザー脱毛は永久脱毛が出来るというメリットがありますが、細胞を破壊するため施術には痛みを伴う可能性があります。現在は、レーザー脱毛の機械も進歩しており昔ほど痛みを感じることはないとは言われていますが、それでも無痛ではないことを知っておきましょう。

なお、痛みが酷すぎる場合は麻酔を使った施術も可能です。

長期的に通う必要あり!でも痛みがほぼない光脱毛!

光脱毛はレーザー脱毛に比べたら照射力が劣るため、脱毛が完了するまで長期的に通わなくてはいけません。ですが、痛みがほとんどないため、安心して施術が受けられるというメリットがあります。

また、施術中にどうしても耐えられない痛みがあった場合は、そのことを伝えれば照射レベルを落としての施術が可能です。その分脱毛効果は低くなる恐れはありますが、安全に治療が受けられるでしょう。

長期的に通うためにも、自宅近くや職場近くなど通いやすいサロンを見つけることが重要となります。そのため、メインに通うのが休日なのか平日なのか、ある程度スケジュールを立てておくことをおすすめします。

光脱毛をする際の注意点と備考

光脱毛をする際の注意点と備考

光脱毛は肌への負担が少ないと言われていますが、どれくらいの負担がかかるのかというのは個人差があります。

施術を受けるときは、必ずサロンのカウンセラーやスタッフの話をよく聞きましょう。ここでは、光脱毛をする時の注意点や備考について紹介します。

注意すべきことを守らないまま施術を受けますと、最悪肌トラブルを招く恐れがあるため気を付けて下さいね。

前日~当日までにムダ毛を自己処理しておこう!

サロンで脱毛をする時は、前日~当日までにムダ毛を自己処理しておかなくてはいけません。脱毛を契約する時に、自己処理の説明を受けると思いますので必ず指示に従ってください。

光脱毛はメラニン色素に反応して施術を行うため、ムダ毛の処理をしないまま施術をすると光脱毛の効果が出にくくなってしまうのです。また、熱エネルギーが毛に反応すると痛みも感じやすくなります。

もし、どうしても自己処理が難しい箇所であれば、事前にサロンに相談しましょう。その場合、別途で料金がかかる恐れがありますが、シェービングサービスが受けられるかもしれません。

ただし、シェービングサービスも受けられるサロン、受けられないサロンがあります。あらかじめ確認しておくと安心ですよ。

肌のトラブルに?脱毛した当日の入浴は控えよう!

光脱毛をした当日は、お風呂に入らないように指示されます。これは、光脱毛をした当日の肌が、日焼けしている状態と同じであることが理由として挙げられます。

また、お風呂には多くの雑菌が存在しているため、脱毛直後の敏感な肌には刺激が受けやすく良くないとされています。ですが、お風呂に入れないのはつらいという人も中にはいますよね。

脱毛をした当日は熱いお風呂を避けて、ぬるめのシャワーであれば問題ありません。全く入れないという訳ではありませんので安心して下さい。

また、肌への負担を軽減するためにも、シャワーを浴びましたら必ず保湿をしましょう。肌が敏感になっている状態は乾燥しやすいため、いつも以上に入念なケアが必要となるでしょう。

まとめ|サロンで脱毛をする前に光脱毛のことを知ろう!

まとめ:サロンで脱毛をする前に光脱毛のことを知ろう!

光脱毛の種類や仕組み、医療脱毛との違いについてなどを紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。

光脱毛は3種類あり、それぞれに痛みや効果の違いがあることがわかりました。また、照射力が医療脱毛よりも低いため、痛みも感じにくいという特徴があります。

ただし、サロンでの脱毛は長期間通う必要があるため、自宅近くや職場近くなど、通いやすい場所を探すことをおすすめします。

多くの女性にとって、ムダ毛を自己処理するのは本当に面倒ですよね。毎日同じ個所を処理し続ければ肌トラブルが起こるリスクも高くなります。ですが、光脱毛をすればこれらの悩みから解放されて、キレイな肌を保ち続けることができるんです。

光脱毛にはいろんな種類がありますので、自分に合った施術を行ってくれるサロンを見つけて今年はキレイな肌に生まれ変わりましょう!

ABOUT ME
脱毛レスキュー編集長 konomi
脱毛レスキュー編集長 konomi
「脱毛レスキュー」編集長。自己処理でいままで過ごしてきましたが、ここ数年で脱毛サロン技術の高さや医療脱毛の価格も安くなり、自分に合う脱毛サロン・クリニックを模索中!サロン選びに重視する価格、予約の取れやすさ、脱毛期間などいろいろな視点から編集長自ら体験して、取材・調査を行っています。
ページトップへ