うなじ・襟足脱毛の費用が安い脱毛サロンを比較!料金を安く抑えるサロン活用法とは?

投稿日:

うなじ・襟足部分に生えた産毛。自分では見えない場所だと言っても、人からは見えているのでしっかり処理をしておきたい箇所ですよね。

うなじ・襟足も脱毛サロンに通えば、きれいに処理をすることが可能です。しかし脱毛サロンにはたくさん種類があるので、どのサロンがうなじ・襟足脱毛に向いているのかわからないという人も多いでしょう。

そこで今回はうなじ・襟足脱毛について、費用を抑える方法やサロンの選び方などをご紹介します。これを参考に脱毛サロンを選んで、うなじ・襟足のムダ毛をきれいに整えましょう。

うなじ・襟足脱毛の費用を比較!3秒で分かる脱毛サロン料金表

まずはうなじ・襟足だけを脱毛サロンで脱毛した場合、どの程度料金がかかるのかを比較してみましょう。

サロン名 プラン名 料金(税込) 回数 支払い方法
ラココ Sパーツ 38,880円 12回 現金・クレジットカード・分割払い
ディオーネ 襟足全12回コース 32,400円 12回 現金一括(サロンによる)
ストラッシュ Sパーツ 34,570円 12回 現金・クレジットカード・分割払い
ジェイエステ Sパーツ 23,328円 12回 現金・クレジットカード・Jカード
ミュゼプラチナム Sパーツ 24,300円 12回 現金・クレジットカード

※デイプラン・アプリダンロード価格の場合

うなじ・襟足部分だけを脱毛する場合、Sパーツという部位別プランでの脱毛となるサロンがほとんどです。

これ以外にうなじと背中がセットになったプランなどがありますが、回数が少なく、そのセットプランだけではうなじ・襟足の脱毛完了とはなりません。

またうなじ・襟足のみの脱毛なら、Sパーツとして部位別の脱毛が割安ですが、他にも脱毛したい場所があるなら全身脱毛プランした方が安くなることが多いです。

脱毛サロンでうなじ・襟足脱毛する時の料金相場

上記の比較表でもわかるとおり、脱毛サロンでうなじ・襟足脱毛をする場合の相場は、3万円前後です。サロンによってはそれよりも下回る場合もあります。またキャンペーンなどがあれば、もっと安くすますこともできます。

ただしうなじ・襟足は産毛なので、効果の出づらい産毛脱毛に強いサロンでなければ、回数が12回よりも増えてしまうこともあるでしょう。

回数が増えれば、それだけ総額も高くなってしまいます。ですから価格だけではなく、その脱毛サロンが産毛脱毛に強いかどうかも加味してサロンを選ぶことが重要です。

賢くうなじ・襟足脱毛の費用を抑えるための3つのポイント

ではしっかりうなじ・襟足の脱毛をしながら、費用も抑えるためには、どういった面に注目すれば良いのでしょうか。うなじ・襟足は産毛で他の部位とは毛質が違うため、他の部位を脱毛するときとはサロンを選ぶポイントが異なるため、注意が必要です。

ここでは、うなじ・襟足脱毛の費用を抑えるポイントを3つに絞ってご説明していきます。

産毛でも効果が出やすいマシンがあるサロンを選ぶ

うなじ・襟足のムダ毛は、産毛だという人がほとんどでしょう。

現在主流になっている脱毛マシンは、ムダ毛のメラニン色素に反応して脱毛するタイプのマシンです。そのため、産毛のようにメラニン色素が薄い産毛だと、効果が薄いこともあります。特に産毛の色が薄い人は要注意。通常の脱毛マシンでは脱毛効果が感じられないかもしれません。

ですからうなじ・襟足脱毛をするなら、産毛でもしっかり効果が出るマシンを導入しているサロンをおすすめします。そのマシンとは、メラニン色素に反応して脱毛をするタイプではないものということになります。

SHR脱毛やハイパースキン脱毛というものなら、メラニン色素に反応するわけではないので、産毛でもしっかり脱毛効果が得られます。うなじ・襟足脱毛をするなら、SHRかハイパースキンを導入しているサロンを探してみましょう。

うなじ・襟足脱毛のセットプランをチェック!

セットプランは部位別のプランよりもお得な価格設定になっています。うなじ・襟足脱毛はセットプランが少ないのですが、もしセットプランあればお得に脱毛できますから、セットプランも探してみましょう。

またうなじ・襟足以外の部位も脱毛したい場合は、他の部位とのセットプランもおすすめです。うなじ・襟足だと、背中脱毛とセットで脱毛できる場合もあります。うなじ・襟足脱毛と背中脱毛がセットになったプランは、別々に脱毛をする場合よりもぐっとお得になるので、こうしたセットプランを選ぶのもいいでしょう。

他の部位も脱毛するなら全身脱毛がおトクな場合も

うなじ・襟足脱毛と全身脱毛を比べてみると、コストパフォーマンス面では全身脱毛の方がおトクな場合が多いんです。

うなじ・襟足だけ脱毛すると、背中の毛も濃い場合、その境目が気になってしまうものです。ですから背中も脱毛しようと思う人も少なくありません。そうして脱毛箇所を増やしていくと、どんどん割高になっていきます。

ですからうなじ・襟足以外にも脱毛しそうな場合は、最初から全身脱毛にしてしまった方が費用を抑えられるでしょう。全身脱毛プランの価格とうなじ・襟足脱毛の価格、そしてこれからの脱毛計画のことを考えて、プランを選ぶといいでしょう。

うなじ・襟足脱毛の気になる疑問を解決!後悔しない方法とは?

うなじ・襟足脱毛をするにあたって、色々な不安もあるでしょう。脱毛サロンによってプランもさまざまですし、効果が出るのかどうかなど、気になることはたくさんありますね。

そこでここからは、うなじ・襟足脱毛について、多くの人が疑問に思うようなことをまとめてみました。これを参考に後悔しないうなじ・襟足脱毛をしましょう。

月額制と回数制はどちらがオトク?

うなじ・襟足だけの脱毛を選んだ場合、あまり月額制のプランはありません。しかしうなじ・襟足を含めた全身脱毛となると、月額制も回数制もともに多くのプランがあります。

月額制と回数制、どちらがおトクなのか迷ってしまう人もいるでしょう。実は同じ回数サロンに通うなら、総額的には月額制と回数制に大きな差はありません

月額制だと、回数が決まっていないのでいつでも解約することができるのが大きなメリットでしょう。ただし予約の変更や急なキャンセルに対応しておらず、通わない月も支払いが必要になることもあります。

回数制の場合は途中解約をしても、残りの回数分全部返金してもらえることではないことに注意です。月額制よりは予約などの決まりがゆるいことが多いので、どちらにするかは自分のニーズに合わせて選ぶといいでしょう。

費用が安いと効果も低い?失敗しない脱毛サロンの選び方

脱毛サロンで費用が安いと、効果について心配になってしまうかもしれませんね。しかし安いからと言って効果が薄いというわけではありません。回転率を上げたり、他の部分で費用を削減して、脱毛料金を格安にしているところもあるからです。

ただしうなじ・襟足脱毛の場合、産毛であることを考えると、産毛に強い脱毛マシンを導入していないために価格が安い脱毛サロンは避けた方が良いかもしれません。

前述で少し触れたSHR脱毛やハイパースキン法といった脱毛方式を取り入れているところは、脱毛料金が相場かそれより少し高めになっていて「安い」とは言えません。しかし産毛に対しても効果が高いため、ダラダラと通う必要はなくなります。その点も含めて、費用が安いかどうかよりも、コストパフォーマンス的にどうかを見定めた方が良いでしょう。

硬毛化についてしっかり説明のあるサロンがおすすめ

うなじ・襟足脱毛は、ここまで触れてきたとおり産毛の脱毛になります。そして、産毛の脱毛には硬毛化というリスクがあるんです。硬毛化とは文字通り毛が太くなることを言いますが、脱毛をして硬毛化をしてしまうと、それだけ脱毛に通う回数が増えます。

ですから脱毛サロンを選ぶときには、硬毛化について説明があるサロンを選びましょう。どの程度リスクの可能性があるのか、硬毛化が起きたらどんな対処をしてもらえるのかなどきちんと説明してくれるサロンなら、安心してうなじ・襟足脱毛を任せられるでしょう。

うなじ・襟足脱毛のコスパが高い脱毛サロンBEST3

うなじ・襟足脱毛をしている脱毛サロンはたくさんあるため、選ぶポイントがわかっても、なかなかどこのサロンが良いか決めきれないこともあるでしょう。

そこでうなじ・襟足脱毛をするにあたって、コストパフォーマンスが良い脱毛サロンを、3つに絞ってピックアップしてみました。うなじ・襟足脱毛をするなら、まずはこの3つの中から検討してみてはどうでしょうか。

ラココ|産毛脱毛OKの全身脱毛がリーズナブル

La coco(ラココ

プラン名 料金(税込) 回数
Sパーツ 38,880円 12回

ラココは産毛脱毛に強い、SHR方式という脱毛機を取り入れている脱毛サロンです。そのためうなじ・襟足脱毛にもしっかり効果を発揮し、しかもスピーディーな施術が行えるのが魅力です。

そんなラココには、もちろんうなじ・襟足部分だけを脱毛するプランもあり、12回で38,880円(税込)となっています。これは相場よりは少し高めの値段設定です。

しかしラココは全身脱毛のプランにすると、途端にリーズナブルになります。月額なら3,000円で最短6ヶ月で全身脱毛ができるという破格の価格設定。うなじ・襟足以外の部分も脱毛したい人は、ラココを検討してみましょう。

ラココの予約

ディオーネ|産毛に強い脱毛マシンのあるサロン

全身脱毛

プラン名 料金(税込) 回数
襟足全12回コース 32,400円 12回

ディオーネは「痛くない脱毛」ということが売りの脱毛サロンです。ディオーネで導入されているのは、ハイパースキン法という脱毛方式で、こちらも産毛に高い効果を発揮する方式となっています。また毛周期も関係ありません。

そのためディオーネもうなじ・襟足脱毛をするなら非常におすすめのサロンの1つ。肌ダメージも少ない脱毛方式のため、肌質が比較的やわらかいうなじ・襟足部分の施術も安心です。

うなじ・襟足脱毛のコースである「襟足12回コース」の価格は相場程度ですが、産毛に強い施術方式ですから、追加回数が必要な人は少ないでしょう。そのためコストパフォーマンス的には優れていると言えます。

ディオーネの予約

ストラッシュ|産毛に強く細かくパーツ指定も可能

ストラッシュ

プラン名 料金(税込) 回数
Sパーツ 34,570円 12回

ストラッシュはSHR方式を導入している脱毛サロンです。SHR方式ですから、こちらも産毛には強く、うなじ・襟足も綺麗に処理をしてくれます。

ストラッシュの強みは、産毛に強いということだけではありません。細かいパーツ指定ができるので、うなじ・襟足しか脱毛したくないという場合に便利です。またSパーツ12回分を契約して、途中でうなじ・襟足脱毛が終われば、残りの回数を別のパーツに回せるのも魅力の1つ。

産毛に強い上に自由度が高めなので、全身脱毛をするほどではないけど他の部分の脱毛もするかもしれない人におすすめです。

ストラッシュの予約

まとめ

今回はうなじ・襟足脱毛についてご紹介しましたが、疑問は晴れてきたでしょうか。うなじ・襟足のムダ毛は、他の部分とは毛質が違うということもあり、単に安い脱毛サロンを選べばいいわけではありません。ここでご紹介したとおり、産毛でもしっかり効果があるマシンを導入しているサロンなら安心して施術をしてもらえるでしょう。

また近くにSHR脱毛やハイパースキン法のあるサロンがないなら、回数無制限だったり、効果が出ないときのフォローがあったりするサロンであれば、確実に施術を完了できます。

そうした面もしっかり比較しながら、安心して脱毛を任せられるようなサロンを探してみてください。

The following two tabs change content below.
脱毛レスキュー編集長 konomi

脱毛レスキュー編集長 konomi

「脱毛レスキュー」編集長。10代から脱毛サロン・クリニックを渡り歩き、通った脱毛サロン・クリニックの数は10以上。脱毛に関するお役立ち情報をお届けします。

編集部オススメ3選(5/1更新)

医療脱毛を低価格で提供したいという想いから生まれたクリニック

コイハスキンクリニック

2019年に都内を中心にOPENした医療クリニック。最新医療脱毛機器「メディオスター」を採用することで、1か月に1回のペースで脱毛の施術を受けることができ最短5カ月で卒業できるのが魅力。また、全身脱毛の施術時間が一般的に120分程度に対して60分で完了するので、予約も取りやすいと人気急上昇↑↑脱毛プランは全身脱毛(顔・VIO除く)5回プランで159,000円と相場よりもかなりお得なプランです。

平日23時まで施術可能なOLの味方!渋谷美容外科

全身脱毛

1999年の開院当初より、安全性を重視した医療用脱毛機(アレキサンドライト・レーザー)を導入している渋谷クリニック。また、日本形成外科学会認定の形成外科専門医が診療を行うので、一人一人の毛質、肌質に合ったオーダーメイドの脱毛プランを提案してくれます。気になる脱毛価格は、全身脱毛(顔・VIO除く)5回プランが180,000円で、「初診料」「カウンセリング料」「剃毛代」「アフターケア代」すべて込みですので、安心&おトクなプランです。

脱毛機メーカー直営サロンなのでおトク

La coco(ラココ)

脱毛サロン「ラココ」、SHR方式脱毛機ルミクスを開発している脱毛機メーカーがプロデュースしている脱毛サロンです。従来方式のIPL脱毛と違い、ゴムでパチンと弾かれた痛みもなくほんわりと温かい光が当たるので、痛みに弱い人にオススメです。また、月額3,000円で最短6回で完了するプランもあり学生さんや主婦に人気のサロンです。

ページトップへ

Copyright© 脱毛レスキュー , 2019 AllRights Reserved.