HMRクリニック

HMRクリニックは途中で解約できる?返金方法や違約金についてご紹介

HMRクリニックはリーズナブルな料金で医療脱毛が受けられるクリニックとして有名ですが、料金や回数が残った状態で解約しても大丈夫なのか、少し不安になる方もいるはずです。

  • HMRクリニックの解約方法
  • 返金してもらうための方法
  • 解約する際に言いにくい方のための対処法

大きく分けて上記の3つについて、具体的にご紹介すしますのでぜひ参考にしてみてください。HMRクリニックは一般的な脱毛クリニックと違い、簡単に解約できるだけでなく、返金に応じてくれるので安心です。

契約の途中で解約可能!その方法はとっても簡単

HMRクリニックは途中解約ができるのか?と、気になってしまう方も居るかと思いますが、ほとんどの場合解約が可能です。サポート体制がしっかりしているHMRクリニックでは、以下の理由ですと途中で解約できるとサイトにも明記されています。

  • 転勤
  • 引越し
  • 途中で脱毛の効果に満足した など

途中で解約ができると公式サイト内で発表があると、安心して施術が受けられますね。どうしても脱毛が受けられなくなった場合は、すぐに連絡して解約してもらいましょう。

書類に執筆するための準備物

しかしながら、ただ単純に連絡しただけで、HMRクリニックの契約を解約できるわけではありません。以下の準備物を持って、クリニックに行きましょう。

  • 契約書
  • 印鑑と通帳
  • クレジットカード

その際に契約書を持参して、ご自身がそのHMRクリニックの会員である証明できるものが必要となります。

なぜそこまでするの?と思うでしょうが、分割払いの途中で解約する場合には、お金の問題が残ってしまうからです。支払った代金を返金してくれるので、印鑑や通帳を用意しておいてくださいね。

HMRクリニックを途中で解約する理由が言いにくい場合

HMRクリニックでは返金にまで応じてくれますが、どうしてもクレームに近い内容ですと、電話で連絡するにしても言いにくい場合もありますよね。その場合はクーリングオフ制度を利用すれば、気軽に返金まで手続きが可能です。

もともとHMRクリニックは医療機関でもあるため、今まではこの制度が利用できませんでした。

しかし、2017年の12月に法律が変わったおかげで、医療機関でも利用可能となったので、簡単に途中解約ができるようになりました。その方法について、もっと具体的に見てみましょう。

返金のためにはクリーリングオフ制度を利用する

クーリングオフについて簡単にご紹介しましたが、どのクリニックでも対応できる便利な制度のひとつです。しかし、適用されるためには下記の条件があります。

  • 契約日から8日以内の申告
  • 5万円以上の契約の場合のみ
  • 契約期間が1か月以上ある

※独立行政法人国民生活センターのwebサイト参照

まず契約してから8日以内というかなり早めの解約をしないと、返金ができない仕組みです。また支払う料金が高額でないと適用されない点にも注意しましょう。

HMRクリニックはリーズナブル料金でな医療脱毛が受けられるのが特徴のため、クーリングオフを利用したい場合は念のため金額のチェックをしておいてくださいね。また、契約期間が長くなければいけない点も、忘れずに確認しておいた方が良いですね。

クーリングオフを活用して返金してもらう方法

クーリングオフ制度を利用して返金をしてもらうためには、以下の方法を参考に、自分で書類などを準備しておいた方がスムーズです。

  1. 契約書を準備する
  2. クーリングオフの書面を作ってコピーをとっておく
  3. 郵便で送ってもらう
  4. 振り込みが完了するまで待機

基本対応としては契約書を用意し、クリーリングオフの書面の作成が必要です。ひな形がインターネット上に用意されているので、それを活用すれば簡単です。そして念のため作成した書面のコピーをしておき、トラブルに合わないために、それらの書面を手元に残しておきましょう。

※書面の例:独立行政法人国民生活センターのwebサイト参照

ここまで準備ができたら、その書面を郵便局などで郵送をすれば、HMRクリニック側で処理をしてくれます。解約状況によってはHMRクリニックに行く必要がある場合もあるので、契約書を確認しておいてくださいね。

また、この書類の内部に口座を記載しておくと、HMRクリニック側で返金処理をしてくれるので、念のため記載しておいた方がスムーズかもしれません。

クレジットカードで支払いをしている方は要注意!

HMRクリニックで契約した際に、クレジットカードで支払っている方も中にはいるでしょう。

実はこの場合は、HMRクリニック側にクーリングオフの書類を送るだけでなく、そのクレジットカード会社にも送付する必要があります。

その際に以下の内容を作成するクーリングオフ用の書類に明記しておきましょう。

  • 通知書を1番上記に書いておく
  • 契約した日付と、契約した会社名を忘れずに明記
  • 会社名の他にも会社情報も記入しておく
  • 脱毛のコース名などの契約内容も記入
  • 契約した際の金額
  • 使用したクレジットカード会社の名前
  • 自分の住所や氏名
  • 契約を解除することを忘れずに書いておく

※書面の例:独立行政法人国民生活センターのwebサイト参照

HMRクリニックで途中解約した場合は違約金が発生する

簡単に途中で解約できるようになっているHMRクリニックでは、その気軽さがある代わりに、違約金が発生する可能性があります。それは以下のように記載されているためです。

<HMRサイト内の公式文引用>

残りの未消化分も法令通りに返金致しますのでご安心ください。

※2017年12月に改正された特定商取引法を順守いたします。

特定商取引法の中身を確認してみると、違約金を請求できる金額が掲載されており、最高で20,000円となっています。

もちろんそれ以上の金額となれば、返金するようにHMRクリニック内の公式サイトでも記載されているので、安心してくださいね。

エステティック 2万円
美容医療 2万円
語学教室 1万5000円
家庭教師 2万円
学習塾 1万1000円
パソコン教室 1万5000円

※特定商取引法ガイド参照

HMRクリニックは美容医療の分野なので、20,000円です。この金額を差し引いて返金処理をしてくれます。

HMRクリニックは途中で解約しなくてもいい対処法もある!

1度解約してしまうと、今後通いにくくなってしまう可能性もあります。それを防ぐためにHMRクリニックでは、さまざまな制度が用意されているので、気になる人は利用してみましょう!

  • 肌のトラブルが起こった後の無料対応
  • 契約期間に対しての保障制度

HMRクリニックではなるべく長期間お付き合いがしやすいように、大きく分けて2種類の制度を設けています。

施術で受けた肌のトラブルを無料診察

まず脱毛の施術を受けた後に、肌が炎症を起こして処置が必要となったなどの場合です。この場合はHMRクリニックの医師が薬や診察によって、肌の状態を無料で整えてくれます。もし、肌トラブルが解約の理由であれば利用してみるのもいいでしょう。

契約期間中に通えなくなっても安心の制度も用意されている

契約期間中に長期の出張などによって、解約せざるを得ない状況でも、HMRクリニックでは契約期間を伸ばしてくれる制度があります。つまり解約しなくても、待っててくれる制度です。こちらも事前に相談すれば、面倒な手続きをしなくても済みますね。

医療脱毛を受けるなら返金・解約がスムーズなHMRクリニックへ

医療脱毛の中には、途中では解約しにくくしているクリニックや、解約・返金等の記載がないクリニックもたくさんあります。そういったクリニックでは不安が残り気軽に施術をスタートできないため、HMRクリニックは注目されているわけです。

正しく手続きさえすれば、HMRクリニックは返金もしてくれるので、試しに施術を受けてみてはいかがでしょうか?ちょっとした肌のトラブルがあったとしても、無料で医師が対応してくれますしね。

HMRクリニックの予約

薬代や診察費も無料なので、安心感が違います。施術の期間も延長できる制度も用意されているので、解約の前に相談するのもひとつの方法ですね。

 

ABOUT ME
脱毛レスキュー編集長 konomi
脱毛レスキュー編集長 konomi
「脱毛レスキュー」編集長。自己処理でいままで過ごしてきましたが、ここ数年で脱毛サロン技術の高さや医療脱毛の価格も安くなり、自分に合う脱毛サロン・クリニックを模索中!サロン選びに重視する価格、予約の取れやすさ、脱毛期間などいろいろな視点から編集長自ら体験して、取材・調査を行っています。
ページトップへ